公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


SHOUKYUKANRI.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 昇給管理の考え方とその進め方
著作者 河合 克彦
コード 978-4-88372-597-7
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理
発行年月 2022/11/18
価格(税込) 2,200円   (本体価格 2,000円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A5
ページ 210
概 要 この四半世紀、日本の労働者の賃金水準が低下しています。賃金水準の低下は企業利益が十分でないためかというと、そうでもありません。
日本経済の今後の成長と、そこで働く労働者の幸福を考えれば、将来の付加価値獲得のベースとなる人的資本に投資を行い、人件費にも適切に収益を分配し、労働者が潤い、消費も増加し、経済が活性化する経済社会を目指す必要があります。
本書では、賃金・昇給に関する基本知識を確認し、若年層や管理職別のこれからの昇給管理の方向性、総額人件費管理としての人件費原資管理をどのように行っていくか、考えます。また、昇給計算の実際としてモデルを設定し、具体的に解説します。
参考URL
添付ファイル
目 次 1.昇給について考える なぜ今、昇給なのか・昇給の本質・昇給の形態
2.賃金・昇給に関する基本知識  賃金カーブとは・エスカレーター理論・賃金支払形態と項目
3.これからの昇給管理の方向性  若年層の昇給・管理職の昇給・昇給率の算定
4.総額人件費管理 人件費をコントロールするという発想・付加価値と労働分配率・賞与
5.昇給計算の実際 人件費原資管理・昇給率の算定・昇給計算・年齢別賃金シミレーション…

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.