公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


hesiseikinoroudou.gif
画像をクリックすると拡大表示されます。

- 発売予定 -

タイトル 平成期の労働運動
著作者 荻野 登
コード 978-4-88372-577-9 C3034
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/労使関係・資料,書籍/労使関係資料
発行年月 2021/07/21
価格(税込) 2,200円   (本体価格 2,000円)
在庫状況 発売予定
体 裁 A5判
ページ 254
概 要 平成の30年間、労使は内外からの大きな景気変動や経済危機を乗り越え、雇用の維持安定に努めつつ、処遇・労働条件の改善にも腐心してきた。
労働運動に焦点を当てると、平成の初めは労働界が連合の結成を機に再編され、政治・経済にも大きなインパクトを与えたが、その後の30年間は様々な変化に対応すべく自己変革を試みたものの、組織率の継続的な低下とともに、影響力を低下させてきたともいえる。
様々な困難に直面した平成という時代の中で、労働運動がどのような歩みを経てきたかを振り返る一冊。
参考URL
添付ファイル
目 次 序 章 連合結成以降の労働運動および産別再編の動向
本 編 2001年:5%台に突入した完全失業率
    〜2019年:連合結成30周年で新ビジョン策定
補 論 地域別最低賃金の引き上げ動向
終 章 平成の終わりとともに襲いかかったコロナ禍

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.