公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


画像がありません

- 発売予定 -

タイトル ハラスメントを行動科学で考えてみました。 ―「不安」「憤り」を断ち切り、今日から楽しい職場にする―
著作者 網あづさ 藤原徳子  【協力】 波戸岡光太
コード 978-4-8201-2108-4
カテゴリー 生産性出版
書籍カテゴリー 書籍/管理者・リーダーシップ,書籍/経営一般・経営戦略,書籍/人事・労務管理
発行年月 2020/11/05
価格(税込) 2,200円   (本体価格 2,000円)
在庫状況 発売予定
体 裁 四六判・並製
ページ 256
概 要 行為者・被害者になっても、うろたえないための課題解決アドバイス
参考URL
添付ファイル
目 次 本書を読む前に パワハラチェックリスト
Chapter1 〔ケース1〕【guide】行動科学の「6事例の解説」に入る前に【解説】上司から蹴られたり、おでこを押されたときに、どうするか Chapter2〔ケース 2 〕精神的な攻撃 政府系組織法人M 【解説】暴言を上司から浴びせられたときに、どうすればいい?
Chapter3〔ケース 3 〕人間関係からの切り離し 地方銀行のK 支店【解説】職場内で周りから避けられたとき、どうすればいいのか
Chapter4過大な要求 グローバル企業G の日本支社【解説】就業時間を超える業務、専門外の仕事を強要されたときにどうするのか
Chapter5〔ケース 5 〕過小な要求 M市役所の財務部管財課庁舎管理係【解説】業務上の合理性とは何か、能力に見合う仕事とは何か
Chapter6〔ケース 6 〕個の侵害 K 市にある老舗温泉旅館A【解説】どこまでが業務範囲内情報で、どこからが個人情報なのか
Chapter7 行動科学上級編 自分アジェンダでハラスメントを解決する Chapter8  ケースで見る会話レッスン

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.