公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


hanrei100.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 社労士が選ぶ実務に役立つ労働判例100選(上巻) 〜労務トラブル未然防止のために〜
著作者 加納 明夫/中山 貴子
コード 978-4-88372-553-3
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理
発行年月 2019/04/26
価格(税込) 2,160円   (本体価格 2,000円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A5判
ページ 265
概 要 人事労務の実務に当たり、労働判例を知っていることは必須です。しかし、難解で字数も膨大な判決文を読み解くのは時間と労力を要します。本書は、日ごろから人事労務に専門家として携わっている社労士が、社労士の視点で、実務に役立つ労働判例のエッセンスを伝えようと書かれたものです。
紙面の都合で全てを書き記すことはできませんが、各事例にある背景とそれに対する裁判所の法的解釈をくみ取ることによって、実務で重要な労働判例を知ることにより、人事労務管理の一助となる一冊です。
参考URL
添付ファイル
目 次 第1章 「同一労働同一賃金」による不合理な待遇差の禁止

均衡待遇の原則/均等待遇の原則

第2章 時間外労働の管理と多様な働き方

新ガイドラインが定める労働時間/定額残業代と労働基準法第37条/
多様な働き方/管理監督者の適用範囲/休日及び年次有給休暇   

第3章 労働契約の終了(解雇・雇止め・退職金・退職勧奨)

解雇権濫用法理/雇止法理/無期転換関係/退職金不支給/退職勧奨 

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.