公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


9784883725519.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 高付加価値経営にむけた今日的な付加価値概念(CVA/Creating Value Added)
著作者 新たな付加価値分析に関する研究会
コード 978-7-88372-551-9
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍/社会・経済・政治,書籍/生産性
発行年月 2019/03/05
価格(税込) 1,620円   (本体価格 1,500円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A4版 報告書
ページ 89
概 要  生産性向上は、少子高齢化のなかでも持続的経済成長をはかるため、政府も政策目標として掲げている。一方、企業の生産性を把握するにあたり、従来の財務諸表ベースの付加価値算出方法では、財務データの開示基準の変更などによって、一部企業では計算ができなくなっている。

 そこで日本生産性本部では、「新たな付加価値分析に関する研究会(座長:水野一郎・関西大学教授)」を設置し、既存の付加価値計算方法を今日的視点から改めて検証、現在の財務データで算出可能な方法の検討を行った。本書はその報告書である。

 <目 次>
 ・新たな付加価値分析の基本理念と目的
 ・全要素生産性と労働生産性・付加価値概念の関係
 ・企業内部での付加価値分析の活用 -「付加価値概念の関係」-
 ・企業におけるCVA(Creating Value Added)経営の活用事例
 ・企業外部の利害関係者に向けての付加価値分析の活用
  -生産性向上と人件費総額開示の視点から-
 ・企業における付加価値分析の活用事例      ほか
参考URL
添付ファイル
目 次

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.