公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


9784820120896.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 「物流危機」の正体とその未来 ―時代の変化を勝ち抜く処方箋―
著作者 湯浅 和夫 内田 明美子 芝田 稔子 (湯浅コンサルティングオフィス)
コード 978-4-8201-2089-6
カテゴリー 生産性出版
書籍カテゴリー 書籍/経営一般・経営戦略
発行年月 2019/02/28
価格(税込) 1,944円   (本体価格 1,800円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 四六判・並製
ページ 240
概 要 これからは「物流」を知らずして企業の成長戦略は語れない

物流危機、宅配危機など、いま物流の世界では「危機」という言葉が飛び交っている。ここでいう危機は、これまでのやり方では企業間物流も宅配も立ち行かなくなるという持続性の危機を意味している。これは確かに危険ではあるものの、深刻になる必要はなく、危機を克服すればいい。本書では、危機克服に積極的に取り組む荷主、物流業者のさまざまな取り組みを紹介する。また、行政における現状の最前線の動きを紹介し、「物流」の未来に向けた方向性を描き出す。
参考URL
添付ファイル
目 次 第1章 物流危機の正体
第2章 物流危機に立ち向かう行政・経済界の動き
第3章 「運べない危機」克服に乗り出した荷主企業
第4章 変革を迫られる物流業界
第5章 「AI」「IOT」「ロボット」が物流を変える
第6章 無人化を目指す「次世代型物流センター」

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.