公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


役割能力要件表のつくり方.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル すぐできる使える!役割能力要件表のつくり方 事例集
著作者 河合克彦・鴨川正次
コード 978-4-88372-537-3
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/人事,書籍/賃金処遇システムの実務
発行年月 2018/04/16
価格(税込) 3,240円   (本体価格 3,000円)
在庫状況 在庫在り
体 裁
ページ 239
概 要  人事制度の“核”になるのが、等級別の役割能力要件が一覧になった「役割能力要件表」です。その的確な作成にあたっては、個々の社員がどのような役割を果たすことが期待され、どのような知識・技能力を修得し保有しているか、要求されているかを、明確にする必要があります。
 また、教育・研修体系を構築する基準となるものも、役割能力要件表の中で展開されている「必要とされる知識技能」です。昇格も役割能力要件の「期待される役割」「必要とされる知識技能」が基準になります。
 本書では、第1章で役割能力要件表作成に当たっての基本的考え方、第2章で作成の仕方とそのコツ・ステップを、そして第3章では具体例として、(1)全職掌共通、(2)管理部門、(3)事業部門、(4)管理・監督職、専門職、専任職の4区分で提示します。
 さらに第4章では、12の業種と4つの職掌、計16の事例から、的確な役割能力要件表を作成することができます。
参考URL
添付ファイル
目 次

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.