公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


mpd21932.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 経営の精神 〜我々が捨ててしまったものは何か〜
著作者 加護野忠男(神戸大学経営学大学院教授)
コード 978-4-8201-1932-6
カテゴリー 生産性出版
書籍カテゴリー 書籍/経営一般・経営戦略
発行年月 2010/03/15
価格(税込) 1,980円   (本体価格 1,800円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 四六判・上製・縦組み
ページ 185
概 要 「市民精神」「企業精神」「営利精神」
「健全な資本主義を成り立たせるには、営利主義や合理主義よりも大切な精神がある。日本企業が失ってしまったのはそれである。」
自信と気迫を取り戻すには何をなすべきか。
企業の目的が利潤の最大化という前提は、限りなく間違いに近い。
利益よりも大切な目的があると考えている経営者も結構多い。
そういう経営者ほど、多くの利益を上げている。
日本の企業はその精神を伝承する独自の方法を持っていた。
バブルの崩壊以降、その方法を捨ててしまった。
利益で考えることの限界。叱ることの効用。些事にこだわる意味。
参考URL
添付ファイル
目 次 第1章 企業の存在意義を考える
第2章 三つの経営精神
第3章 経営精神の実践
第4章 経営精神の劣化
第5章 経営精神の復興

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.