公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


働き方改革と新しい労務管理の法律実務Q&A100.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル −労働法実務基礎−働き方改革と新しい労務管理の法律実務Q&A100
著作者 特定社会保険労務士 加納 明夫 著
コード 978-4-88372-532-8
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/管理者・リーダーシップ,書籍/経営品質・経営品質賞,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理,書籍/労使関係資料
発行年月 2017/09/19
価格(税込) 2,160円   (本体価格 2,000円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A5
ページ 359
概 要  長時間労働の是正、非正規雇用の処遇改善、同一労働同一賃金、ワークライフバランスの重視といった働き方改革により、これまでの働き方が大きく変わろうとしています。一方、増え続けるセクハラ・パワハラ問題やメンタルヘルス不全など、職場における個々の課題・問題を挙げればきりがありません。働き方改革と新しい労務管理における法律実務が問われるようになっています。

 本書は、企業の人事担当者に加え、実際の職場で労務管理に苦慮されている管理職の方々に、新しい労務管理における法律実務の実践的な参考書としていただくことを狙いに刊行するものです。
参考URL
添付ファイル
目 次 人事・労務管理の現場で比較的よくでてくると思われる問題や疑問を、以下の多く6つのテーマに分け、100のQ&Aでシンプルにまとめています。

1.労働時間管理 
2.非正規の労働条件と同一労働同一賃金
3.労働契約の基本 4.賃金などの労働条件の変更
5.メンタルヘルス・ハラスメント・ワークライフバランス
6.退職、解雇をめぐる諸問題

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.