公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


日本型経営とコーポレート・ガバナンス.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 日本型経営とコーポレート・ガバナンス
著作者 株式会社T&Dホールディングス・前会長 中込 賢次 著
コード 978-4-88372-531-1
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/管理者・リーダーシップ,書籍/経営一般・経営戦略,書籍/経営品質・経営品質賞,書籍/調査報告書
発行年月 2017/09/19
価格(税込) 1,404円   (本体価格 1,300円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 四六判
ページ 237
概 要  バブル経済崩壊後の長引く景気低迷を受け、日本企業が国際競争に勝てる体質に変化させるため、コーポレート・ガバナンス革命が叫ばれている。常に欧米と比較され、日本経済の成長阻害要因として遡上に上がりつつも、いまだなお企業経営の中心でもある日本的経営とはどのようなものか。

 本書は、日本的経営とコーポレート・ガバナンスについてそれぞれの立場から様々な考え方があるが、T&Dホールディングス前会長という経営者だった著者が、日本企業の経営に携わった者としての立場から纏められている。

 伊藤忠の祖ともなった三方よしで知られる近江商人や江戸時代の商家の経営から紐解き、明治から昭和戦前、そして戦後の高度成長から平成不況まで、流れを追いながら解説してくれる。

 近代経営史として、そしてこれからの日本的経営、コーポレート・ガバナンスとは何か示唆に富んだ一冊。
参考URL
添付ファイル
目 次

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.