公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


仕事と介護両立ハンドブック改訂増補版2017_表紙B.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。

- 発売予定 -

タイトル 【改訂増補第2版】 仕事と介護 両立ハンドブック 〜コア社員の退職を防ぐ〜
著作者 新田 香織(グラース社労士事務所代表 社会保険労務士)
コード 978-4-88372-525-0
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/介護福祉,書籍/企業福祉シリーズ,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理,書籍/働く女性
発行年月 2017/04/28
価格(税込) 1,080円   (本体価格 1,000円)
在庫状況 発売予定
体 裁 A5
ページ 120
概 要 「親が倒れても介護する人がいない」
「転勤があり親の介護は無理だ」                 
「遠くに離れて住む親の介護のために今の生活を離れられない」...

 40歳代以上の会社員で、現在介護に直面しているか関係なく7割以上が親の介護に不安を感じています。 
 中高年齢世代は会社の重要なポジションにある場合が多く、介護に迫られての退社は会社にとって損失です。当人も職を失えば収入も失い、費用面から十分な介護ができなかったり、将来の生活に影響を与えます。一方、社会保障制度は更なる自助・自立を求めています。
 本書では、働くことと自助・自立の最大公約数を求めることが、個人/会社/社会にとって避けられない時代となるなか、仕事と介護の両立について、様々な選択肢を提示します。親の介護が遠くない自分の将来のこととなる方、人事担当者の方の資料に、ダイバーシティマネジメント研修の配布資料として、最適の一冊です。  

◎改訂増補2版では、より具体的な制度・法律に触れるとともに、事例の差替第2版・追加を行いました
参考URL
添付ファイル
目 次 1.介護の現状    
2.自分自身のこととして考える、管理職の立場として考える
3.仕事と介護の両立ができる職場つくり
   〜会社(事業主、人事)が知っておくべきこと〜  
4.育児・介護休業法等で定められている制度等
   〜仕事と介護を両立していくために法律を知る〜
5.介護が必要になった時のための基礎知識
6.介護をしながら働き続けるために 
   〜3人のビジネスパーソンの場合〜
7.仕事介護の両立 〜企業と個人の紹介〜  
    …大企業・中小企業、個人の4つの事例紹介
8.今から準備しておきたいチェック事項&各種相談先

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.