公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


ダイアローグ型(対話型)人事制度のすすめ.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル ダイアローグ(対話)型人事制度のすすめ【改訂増補版】
著作者 グローセンパートナー 島森 俊央/吉岡 利之 著
コード 978-4-88372-522-9
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/人事,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理
発行年月 2016/11/14
価格(税込) 2,160円   (本体価格 2,000円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A5判
ページ 217
概 要  フラット化された組織やプレイングマネージャーの増加、リストラで疲弊した職場では対話の時間が減り、会社の向かう方向や戦略が伝わりにくくなるだけでなく、お互いの理解信頼関係が不足しています。しかし、対話を通じて方向性が一致したときに組織は力を発揮し、互いに信頼が生まれ、組織の絆が深まります。
 そこで本書では、経営者と管理職、管理職と部下、部門間といったダイアローグ(対話)をベースとした「ダイアローグ型(対話)人事制度」を提唱しています。
       
 今回の改訂増補では、初版読者からの、企業組織の現場へのダイアローグの組み込み方を具体的に知りたいなどの声を受け、第2章として「戦略浸透会議/人材育成会議のほかのダイアローグの場の組み込み」という節を加えた。
 また応用編として、本書の内容を活用し、人事制度を意義あるものにするために知っておきたい7つのポイントを加えている。
参考URL
添付ファイル
目 次 第1章 人事制度が変わると経営、人材が変わる
第2章 ダイアローグ(対話)は会社・社員の成長エンジン
第3章 これまでの人事制度はこう変える
第4章 <導入事例> こうしてA社はよみがえった
第5章 <応 用 編> 本書の内容を活用し、人事制度を意義あるものにするために知っておきたい7つのポイント

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.