公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


協力し学び合う日本型組織のつくり方.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 協力し学び合う日本型組織のつくり方 -人を育て活かす経営理念のつくり方-
著作者 竹村之宏・竹村亘弘
コード 5D03
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/人事,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理
発行年月 2016/06/06
価格(税込) 1,620円   (本体価格 1,500円)
在庫状況 在庫在り
体 裁
ページ 151
概 要 平成不況を経て市場原理主義の高まりから、本来はそれになじまないはずの労働まで市場化し、働く者の生活の基盤が脆弱となり、人々の人生を不安なものにしてしまっている。

日本の経営は本来、人にやさしいものであった。年功処遇と長期安定雇用は、働く人々の安心のもととなっていた。また、日本の経営は“人を育てる”という発想で組織を動かしてきた。売上高の勝負ではなく、働く人が幸せを感じられるているのが良い会社だった。

本書ではその考え方にたち、人を活かす経営理念と組織にあり方について論じている。

<もくじ>
第1章:経営理念の戦略的有効性
第2章:協力組織とは何か
第3章:集団の学習能力と組織活性化
第4章:中小企業の未来展望
第5章:これからの経営人事の戦略
第6章:従業員第一の経営こそ成長の基本
第7章:真の人材教育は会社の読み・書き・ソロバン能力が柱
第8章:経営理念と管理者教育
第9章:企業経営に教養は必要か
第10章:日本人の労働観
参考URL
添付ファイル
目 次

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.