公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


メンタリングハンドブック増補版.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル メンタリング・ハンドブック 増補版
著作者 メンター研究会編
コード 978-4-88372-483-3
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理,書籍/働く女性
発行年月 2014/07/16
価格(税込) 1,350円   (本体価格 1,250円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A5版 並製
ページ 125
概 要  昨今、メンタリングへの関心が強まりつつあり、人材育成の一環としてメンタリング・プログラムを取り入れている企業が増えています。
 メンタリングとは、豊富な、組織や職業経験のある人(メンター)が、意欲ある後輩(メンティ)から相談を受け、課題達成やキャリア開発をサポートし、職業人としての成長を支援することです。
 日本生産性本部では、2008年より「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」を立ち上げ、働く女性の活躍を支援してきました。この活動の一環として、2009年より企業の実務経験者や有識者を招いて「メンター研究会」を始め、あらゆる角度からのメンタリングのあり方を議論してきました。
 女性はもちろん、多くの社員層を対象として今後導入を考えている企業をはじめ、すでに導入している企業にとっても参考となる内容がまとめられている一冊です。 

※今回の増補にあたっては、5組織の事例を追加しました。
参考URL http://www.powerup-w.jp
添付ファイル
目 次 序 章 メンタリングの意義

第1部 メンタリング・プログラムの導入の流れ
 第1章 メンタリング・プログラムの導入
 第2章 メンタリング・プログラムの導入決定後の準備
 第3章 メンタリングの効果的な実践のために 〜推進部門ができる工夫〜
 第4章 メンタリング・プログラム実施後の振り返り

第2部 メンタリング成功のポイント
 第5章 メンタリング成功のポイント 〜メンター編 〜
 第6章 メンタリング成功のポイント 〜メンティ編 〜

第3部 メンタリング・プログラム導入の企業事例 
 第7章 企業事例〜「メンター・アワード」受賞組織から学ぶ〜

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.