公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


へそ.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 評価の急所(へそ)-パラダイムシフトを迎える人事評価-
著作者 神戸大学大学院経営学研究科教授 高橋 潔
コード ISBN978-4-88372-457-4 C2034
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/人事,書籍/人事・労使関係の研究報告,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理
発行年月 2013/07/02
価格(税込) 1,080円   (本体価格 1,000円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 四六判
ページ 102
概 要 人事評価は組織を映す「鏡」である。
評価の仕組みを見れば組織のことが見えてくる。
わが社でだれが優遇され、だれが上に昇るのか。組織のナンバーワンは、どうのようにして決まるのか。それは組織が大切にしている「価値」を、わかりやすい形で示している。だから、評価の仕組みを通して、企業の価値観をこれまで以上に熱心に伝えていく必要がある。

本書は、日本労務学会学術賞受賞「人事評価の総合科学―努力と能力と行動の評価」(白桃書房2010年)のエッセンスをぎゅっと搾り、多忙なビジネスパーソンが人事評価の急所(へそ)を理解できるよう、分かり易くその要点をまとめている。人事評価というブラックボックスを、「見える化」するスタートラインに立つための一冊。
参考URL
添付ファイル
目 次 9つの急所(へそ)
1.人事評価の歴史は、東洋ではおそろしく長い
2.絶対評価は公平だが不正確、相対評価は正確だが不公平である
3.人事評価は甘くなる宿命にある
4.人事評価には、東洋と西洋の文化的違いがはっきりと浮き彫りになる
5.左脳的評価と右脳的評価を連携させよう
6.成果を意識しにくい職場に、目標による評価はなじまない
7.多面評価はわれわれの能力を超えている
8.人事評価では、結果が信頼できるのかと、その方法で評価していいのかという、二重苦に悩まされている
9.不満は評価の友である

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.