公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


ISO26000と労使の課題.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル ISO26000と労使の課題
著作者 熊谷 謙一
コード ISBN978-4-88372-445-1 C2036
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/CSR,書籍/経営一般・経営戦略,書籍/経営品質・経営品質賞,書籍/国際問題・経営国際化,書籍/社会・経済・政治,書籍/労使関係・資料
発行年月 2013/03/04
価格(税込) 2,592円   (本体価格 2,400円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A5判
ページ 165
概 要 発行から2年が経過し、ISO 26000の内外での利用が進み始めている。この規格が登場した背景には、グローバル化が加速する世界のなかで、企業と組織の社会的責任がさらに厳しく問われていることがある。それに対応するには、各国の法律や国際条約などのハードローを遵守することはもちろん、それを上回る積極的な取り組みが必要である。そのためにISO26000などのソフトローを活用する意義は大きい。
ISO26000の最大の特徴はステークホルダーの参画にあり、企業においては労使間の協議が中心となるため、労使での幅広い理解と協力が必要である。本書では、規格の取り纏めに実際に携わった著者が、関連資料と交えて推進のポイントを、また勘所をコラムで教えてくれる。
参考URL
添付ファイル
目 次 (1)広がる国際CSR
1.CSRの現場から/2.今日のCSR/3.ISO26000の登場
4.JIS26000の発行/5.普及への取り組み
(2)利用のためのポイント
1.コンセプトと原則の確認/2.7つの中核主題の推進
3.規格の実践とステークホルダーの活用
4.デューディリジェンスの実行/5.労使関係と労働分野の取り組み
(3)労使の取り組み
1.活用の現場から/2.企業での取り組み/3.労使の協議と協力
4.労働組合の対応とUSR
(4)最新の活用事例から
(5)資料編

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.