公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


管理部門生産性向上システム.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 管理部門 生産性向上システム-管理部門の生産性を見える化する-
著作者 河合克彦(河合コンサルティング代表取締役)著
コード ISBN978−4−88372−444−4 C2034
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/管理者・リーダーシップ,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理,書籍/生産性
発行年月 2013/01/10
価格(税込) 2,700円   (本体価格 2,500円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A5判
ページ 205
概 要 我が国は欧米と比べて管理部門の生産性が低いといわれている。会議が多い、人数が多い、省力化の遅れ・・・など何となく非効率な気がする。しかし、どれくらいそうなのか、測定していないし方法も確立していないので、ハッキリとは分からないのが実情である。
そこで本書では、管理部門にも売上・利益の概念を導入し、管理部門の生産性を測定する方法をさぐっていく。管理部門の損益計算の仕組みができれば、管理部門にも部門業績責任が明確になり、採算意識・コスト意識が喚起され、改善意識も喚起できるようになる。
さらに、部門長及び構成員、個人から部門目標までを一体として運営する「管理部門生産性向上システム」として提起し、実際の導入モデル企業事例ととも紹介している。読者が疑問に思われそうな部分には、河合コンサルのQ&Aコーナーがあり、平易に解説してくれる。

※管理部門 生産性向上システムセミナー開催のご案内!
 詳しくは参考URLをご覧ください!
参考URL http://seminar.jpc-net.jp/detail/lrw/seminar006820.html
添付ファイル 管理部門生産性向上システム 導入セミナー.pdf
目 次 1.“見えない”管理部門の生産性を“見える”ようにする
2.管理部門損益計算に必要なレートの算定
3.管理部門 部門別損益計算
4.部門業績評価制度
5.個人業績評価制度 
6.処遇制度
7.管理部門の部門別損益計算から処遇までの流れと実際
8.管理部門生産性向上システム
9.生産性向上システム 
10.生産性向上システムの構築
巻末資料 モデル会社のデータ

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.