公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


産別組合.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 産業別労働組合の組織と機能 -資料編:産業別組織系統図付き-
著作者 岩崎 馨
コード ISBN978−4−88372−434−5 C2336
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/調査報告書
発行年月 2012/10/15
価格(税込) 1,728円   (本体価格 1,600円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A5版
ページ 135
概 要 1989年に連合が発足した時点では79組織だったが、現在では統合・合併が続き54組織になった日本の産業別労働組合。この11月には、組合員数130万人以上にもなる産別組織である「UAゼンセン」が発足する。
 しかし、わが国では労働組合が企業別に組織されていることや、ベースアップのない春闘が続いたことなどから、単組の活動の方が組合員にとって分かり易く、産別組合の活動は分かりにくく身近に感じにくいという声もある。そこで本書では、産別組合の特徴、組織形態、財政あるいは機能について調査し、その調査結果を基に、問われる産別の存在意義を見つめ直している。
 補論として、連合・グループ労組組織についての解説が付き、巻末には、戦前からの変遷を図式化した「資料編:産業別組織系統図」が収録されている。
参考URL
添付ファイル 産業別労働組合の組織と機能.pdf
目 次 序 章 産別の組織と役割 ~問われる産別の存在意義~
第1章 日本の産業別組合の特徴
第2章 組織概要
第3章 財 政
第4章 専従者:ユニオンリーダー
補論1 連 合  補論2 グループ労組組織
資 料 産業別組織系統図

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.