公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


21世紀 日本の雇用像を描く.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 21世紀日本の雇用像を描く
著作者 居樹 伸雄
コード ISBN978-4-88372-426-0 C2034
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/社会・経済・政治,書籍/人事,書籍/人事・労務,書籍/人事・労務管理,書籍/その他
発行年月 2012/04/17
価格(税込) 2,592円   (本体価格 2,400円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A5判 並製
ページ 195
概 要 国際化の進展により、雇用環境はむしろ悪化する傾向が見られます。リーマンショック以来の世界経済停滞から、欧米先進諸国でも失業率が高止まっています。
同時に雇用形態の多様化に伴い、各国とも非正規労働者(有期雇用)の割合が増加しています。特に日本は正規労働者との処遇格差が大きく、社会的な過大になっています。労働の流動化も、転職環境の整わない中では不利益をこうむる可能性があり、容易には進まないでしょう。
そういったなか本書では、雇用問題のほか、労働時間管理、男女平等処遇、労働慣行や労使関係および賃金交渉など幅広いテーマを取り上げ、現状と課題を明らかにするとともに、今後の方向を探っています。
参考URL
添付ファイル
目 次 序 章 現代日本の主要労働課題
第1章 企業における高齢化と雇用処遇問題
第2章 働く女性の増加と雇用・賃金の現状
第3章 日本の労働問題と休日・休暇問題
第4章 日本の雇用状況と雇用構造
第5章 日本的雇用慣行と日本的経営
第6章 半世紀を超えた春闘
第7章 日本の賃金制度の特色

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.