公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


自立型役割給・実績給の構築.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。

- 品切れ中 -

タイトル 自律型役割給・実績給制度の構築
著作者 梅本 迪夫(梅本人事コンサルティング代表)
コード ISBN978-4-88372-408-6 C3034
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/賃金処遇システムの実務
発行年月 2011/07/07
価格(税込) 2,592円   (本体価格 2,400円)
在庫状況 品切れ
体 裁 A5判 並製
ページ 240
概 要 本書は、「自律型人事・賃金制度」の改訂版の位置づけである。行き過ぎた成果主義を戒めて、日本型成果主義を基本フレームとする中で、自らの役割・賃金を自律的に決定できる仕組みを提唱するものである。現下の企業情勢を最大限踏まえつつ、人材育成を軸として人事・賃金・評価制度の設計・再構築、さらには評価結果の調整、処遇への結びつき等、実務的な観点から図表を多用して記述されており、資料編はなくなったが、引き続き実際に使用されている評価者訓練マニュアルや人事考課規程なども資料として掲載し、すぐにでも役立つ内容として編集されている。
参考URL
添付ファイル
目 次 1.自律型役割給・実績給制度の基本的考え方
2.自律型役割給・実績給制度の基本理念
3.人事制度
4.賃金制度
5.評価制度
6.人事評価実施時に陥りやすいエラー
7.自律型役割給・実績給と評価の結びつき
8.評価結果の調整
9.自律型役割給・実績給における目標設定
10.評価面談
11.評価系列、目標設定から評価・処遇決定までの流れ
参考.目標管理シート記載例

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.