公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


企業年金ポイント0405.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 企業年金ポイント解説04/05 −労使による年金改革のプランの手引き−
著作者 和泉信俊
コード 4−88372−196−5 C2034
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/企業福祉シリーズ
発行年月 2004/06/25
価格(税込) 1,944円   (本体価格 1,800円)
在庫状況 在庫僅少
体 裁 B5版
ページ 130
概 要 バブル崩壊以降、厚生年金基金などの確定給付型の企業年金を取り巻く
環境は厳しく、少子高齢化による給付財源の先細りや予定運用益の未達
などで企業負担は増大し、代行返上は増加の一方である。このような状況
下で、確定拠出年金や確定給付企業年金などの新制度がスタートし新しい
選択肢が加わり、企業年金は本格的な見直しと再編成が進んでいる。
本冊子は、企業年金制度の直近の動向について、制度の解説・データと
展望に加えて、年金制度の改革や導入にあたって論点を、労使共通の視
点からわかりやすくとりまとめたものである。
なお今回は、現在政府案の出ている公的年金法改定と、それにともない
改定される企業年金関連について触れ、加えて新たなデータに刷新して
いる。
なお今回より、昨今の企業年金の動向について流動的な点を踏まえ年報化
して、毎年発刊していくこととする。
参考URL
添付ファイル
目 次 第1部:企業年金のイメージトレーニング
 第1章:確定給付型年金の仕組み−年金を支払っていくための仕組−
 年金現価/収支相当/過去勤務債務/基礎率/数理債務/責任準備金
 第2章:厚生年金基金制度の現状と論点−代行の仕組み・運営弾力化
 第3章:退職給付会計の導入と企業の財務リスクの増大
 退職給付債務の考え方と捉え方/企業年金での退職給付債務会計
第2部:新しい企業年金制度のフレームと労使の選択
 第1章:確定拠出年金制度−企業型年金年金の概要−
 積立金運用/運営管理機関と企業の責任/税制/問題点検証
 第2章:確定給付企業年金制度
 新法制定の目的/制度間移行/規約型と基金型の特徴/受給権保護
 第3章:給付設計の見直し手法
 終身年金に関する見直し/キャッシュバランスプラン
 第4章:既存制度の確定拠出年金への移行

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.