公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


9784820120377.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル Think Ahead ―トップスポーツから学ぶプロジェクト思考―
著作者 久木留毅
コード 978-4-8201-2037-7
カテゴリー 生産性出版
書籍カテゴリー 書籍/経営一般・経営戦略,書籍/情報マネジメント
発行年月 2015/03/15
価格(税込) 1,944円   (本体価格 1,800円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 四六判・並製
ページ
概 要 華やかなトップスポーツの裏側で、大きく揺れ動く組織と制度改革に向けた戦いが繰り広げられている。その中で、時代の半歩先を見据えて日本におけるスポーツの未来をデザインすることが求められている。
グローバル化した社会の中で世界と関わり競争していくことは、ビジネスもスポーツも同様である。その中で斜に構えて閉塞感に身を任せ、影で文句を言うだけでは何も変わっていかない。変革のためには、覚悟を持って世界の中で競争できる体制と仕組みを整える必要がある。
トップスポーツに関する最先端のさまざまな事例を紹介し、ビジネスの世界も同様ある情報と戦略の重要性について考える。また、氾濫する情報の中から本質を見抜くことの重要性を見いだす。
参考URL
添付ファイル 20150528_トークショー.pdf
目 次 PART1 「トップスポーツ」と「ビジネス」――プロジェクト思考で世界のトップを目指す
 1. トップスポーツの進化と深化  
 2. 特殊な環境「オリンピック」での戦い
 3. 世界最先端の「スポーツ医科学サポート」
 4. 最新の科学技術がわずかな差を生む
 5. メダル獲得の前線基地「マルチサポート・ハウス」
 6. トップスポーツの可能性と新たな考え方

PART2 情報を制するものが世界を制す――組織やチームを勝利に導く情報戦
 1. 「情報」なくして「戦略」なし
 2. 「Information」から「Intelligence」へ
 3. 「PDCA」サイクルをまわす
 4. 情報を制する者が世界を制す
 5. トップスポーツで駆使される情報戦略
 6. 時代の半歩先を行く

PART3  最新情報はどこに眠るのか? ――情報の可視化に挑む
 1. 情報の可視化で見えてきた課題
 2.トップスポーツ「舞台裏」での情報戦
 3.オリンピックで起こっていること
 4.オリンピック招致活動に有効な国際会議
 5.公開情報から読むイギリスのメダル獲得戦略
 6.各国が戦略立案に役立てるウェブ情報

PART4 「スタンダード」が変わった!――最新情報から読む「プラン作成と評価システム」
 1. 各国の驚くべきビジネスプランとは?
 2. 「イギリス型投資戦略」が世界のスタンダード
 3. 東京大会に向けた「限定性」と「継続性」
 4.「選択」と「集中」にどう取り組むのか?
 5.「強化戦略プラン」と「評価システム構築」
 6.東京大会終了後も見据えた新制度か?

PART5 「ボランティア」から「プロフェッショナル」へ――情報が活きる組織改革とは?
 1. 「ビジネス」と「プロフェッショナル」
 2. スポーツ界の構造改革「スポーツ庁設置」
 3. スポーツ界に求められるビジネスセンス
 4. 知の集積基地「ハイパフォーマンスセンター」
 5. 情報の還流に必要なハブ機能
 6. 「多様性の中に共通性」を見出す

EPILOGE 未来をデザインする
アジアのリーダーを目指す

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.