公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


日本的雇用2016.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 2016年度調査版 日本的雇用・人事システムの現状と課題 ―第15回日本的雇用・人事の変容に関する調査報告書―
著作者 日本生産性本部 雇用システム研究センター
コード 978-4-88372-526-7 C3034
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/アンケート調査,書籍/人事,書籍/人事・労使関係の研究報告,書籍/人事・労務管理,書籍/調査報告書
発行年月 2017/04/03
価格(税込) 3,240円   (本体価格 3,000円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 B5版
ページ 180
概 要 現在安倍政権下で2016年9月より「働き方改革実現会議」がスタートし、様々なテーマが議論されているところである。その背景には、正規社員と非正規社員の格差拡大や急速に顕在化し始めた労働力不足への対応が急務となってきていることがある。

これまで主たる働き手とはみなされていなかった、女性や高齢者、あるいは非正規社員を包含し、その多様性を活かしながら企業の競争力や生産性向上につなげる新たな日本的雇用・人事への構造転換が求められているのである。

いわば正社員の既得権であった長期雇用、年功序列といった日本的雇用・人事システムからの大転換であり、正社員という働き方自体の改革が求められていることを意味するのである。

本報告書は、そういった課題にたち、1997年より当本部が実施している「日本的雇用・人事の変容に関する調査」の第15回調査結果をとりまとめたもの。
参考URL
添付ファイル
目 次

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.