公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


09労使関係白書.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 2009年 労使関係白書 「社会の公器」たる企業と労使の課題
著作者 財団法人 日本生産性本部
コード ISBN978−4−88372−354−6  C3034
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍,書籍/経営一般・経営戦略,書籍/国際問題・経営国際化,書籍/社会・経済・政治,書籍/信頼社会,書籍/生産性,書籍/提言,書籍/働く女性,書籍/労使関係・資料,書籍/労使関係指導の手引,書籍/労使関係資料,書籍/その他
発行年月 2009/07/10
価格(税込) 2,057円   (本体価格 1,905円)
在庫状況 在庫僅少
体 裁 A4判
ページ 140
概 要 世界同時不況は、ただでさえ少子高齢化、人口減少に直面するなど構造変化に苦しむ日本を直撃した。改めて外需頼みの経済構造の脆弱性が露呈し、雇用環境は大幅に悪化した。こうした問題に対して、日本生産性本部が3年ぶりに発刊する労使関係白書では、社会の公器としての企業の責任について指摘するとともに、労使や政府に対して、新しい「雇用像」を明示し、「人材立国」確立に向けた戦略づくりへの具体的な取り組みを提起し、「信頼」を基軸にした社会の創造を訴えている。
※労使関係白書は1995年が最終版です。本書は毎年の刊行ではなく、単年度版としての刊行しています
参考URL
添付ファイル
目 次 第I部 労使関係特別委員会提言
  「『社会の公器』たる企業をめざす労使の役割
第II部 労使が取り組むべき新たな方向
 第1章 生産性運動3 原則の新たな発展にむけて
   はじめに―生産性運動3 原則の意義―/1.労使を取り  
   巻く構造変化とその影響/2.生産性運動3原則の新た  
   な発展にむけて―構造的な変化をふまえ―/むすび―  
   「共生」概念による生産性運動3.原則の更なる発展へ―
 第2章 職業的キャリアの形成を通じた雇用の安定
   1.社会経済情勢の変化とキャリア/2.多様性に対応
   したキャリア形成支援の意義/3.職業的キャリアを
   核とした施策の方向性
 第3章 ワーク・ライフ・バランス推進の今日的意義
   1.新しい生き方をめざすワーク・ライフ・バランスの推進  
   /2.女性を中心としたダイバーシティ・マネジメントの推  
   進/3.ワーク・ライフ・バランスと地域づくり
参考資料I、II

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.