公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


画像がありません

- 品切れ中 -

タイトル 日本版401k白書 2003
著作者 秋津和人/浦田春河/西久保浩二/藤原清明/森戸英幸/山本紳也/山本御稔  (訳者)
コード 4-88372-171-X C3033
カテゴリー 労働情報センター
書籍カテゴリー 書籍/企業福祉シリーズ
発行年月 2003/07/30
価格(税込) 2,160円   (本体価格 2,000円)
在庫状況 品切れ
体 裁 A4版 変形版(28×21) 
ページ 148
概 要  一般に「日本版401k」といわれている確定拠出年金制度は2001年10月に発足し、じょじょに企業にも定着してきているが、
 わが国での本格的な導入はこれからであり、本冊子では企業年金制度の全体像を俯瞰する一方で、特に確定拠出年金について
 その状況を解明し普及・定着を図るべく、年報として刊行していく こととなった。
参考URL
添付ファイル
目 次 パート1:1、企業年金を取り巻く環境変化と確定拠出年金
           
<年表>確定拠出年金制度誕生までの経緯
           
<資料>企業型確定拠出年金導入企業一覧
           
<寄稿>経営戦略と年金制度は密接不可分  
          
2、確定拠出年金連絡会議から見えてきたこと
           
<対談>年金改革の根幹は人事制度の見直し
     パート2:1、退職給付制度の再構築のベクトル 
           
<インタビュー>トータルコンペンセーションと確定拠出年金
           
<コラム>退職給付債務(PBO)の意味するもの     
          
2、中小企業でこそ生きる確定拠出年金
           
<アンケート>制度導入の、もう一つの選択肢「総合型401k」
          
3、厚生年金基金からの移行と代行返上
          
4、税制適格年金からの移行
          
5、投資教育の到達点と継続教育の方向性
          
 
<確定拠出年金関連企業ご紹介>
          
6、確定拠出年金制度をめぐる法的論点
           
<インタビュー>企業年金改革における労使の役割
          
7、個人型401kの現状と、その活用方法
    
 パート3:1、401k関連用語集
         
 2、確定拠出年金関連法令集
         
 3、関係機関の連絡先
          
4、役に立つホームページ 

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.