公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


mpd21960.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル こんな働き方もあったのか!最小最強のチーム論〜主婦3人が動かした3万人のサポーター〜
著作者 チーム秦万里子
コード 978-4-8201-1960-9
カテゴリー 生産性出版
書籍カテゴリー 書籍/自己啓発,書籍/働く女性
発行年月 2011/01/21
価格(税込) 1,512円   (本体価格 1,400円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 四六判 並製
ページ 221
概 要 一つやってみると、新しい展開が見える。そこに無から有を生み出すヒントが隠されている。
いい曲さえ作れば、売れると信じていた。
でも、それは浅はかだった。
53歳でプロの音楽家になってわかったことは、
思いを共有できるチームの存在が不可欠だったこと、
そしてコーラス隊やハタマリ隊で必要とされる
自分の役割を考えることだった。(秦万里子)
―3人の主婦ではじめた小さなチームがお客様をどんどん獲得し、多くの人を巻き込み、企業を動かして、ついにはNHKに出演するまでになった。
新しいチーム作り、顧客作り、リーダーシップのヒントがここにある。
参考URL
添付ファイル
目 次 第1章 「三人の違い」を最大の武器にする
第2章 行動が「自分の運命」を変える
第3章 三人のチームが動かした三万人のサポーター
第4章 創造的に行動すれば活路は開ける
第5章 チーム秦万里子の「仕事の作法」

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.