公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


mpd21803.gif
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル CSR経営 モラルキャピタリズム ―グローバル時代の資本主義のあり方―
著作者 スティーブン・B・ヤング [訳者]経済人コー円卓会議日本委員会,原不二子
コード 978-4-8201-1803-9 (4-8201-1803-X)
カテゴリー 生産性出版
書籍カテゴリー 書籍/CSR,書籍/経営一般・経営戦略
発行年月 2005/01/25
価格(税込) 2,808円   (本体価格 2,600円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 四六判・上製
ページ 328
概 要 グローバル時代の資本主義のあり方。社会全体に配慮しながら利益を生み続ける経営は可能か。
参考URL
添付ファイル
目 次 第1章 道義的資本主義を目指して
第2章 多様な資本主義
第3章 獣欲的資本主義―弱肉強食?
第4章 道義的資本主義―私的利益を公益のために運用
第5章 道義的資本主義と貧困―貧しい人をなくせないか?
第6章 経済人コー円卓会議―道義的資本主義を唱導
第7章 顧客―資本主義の道理的羅針盤
第8章 従業員―機械の部品か、それとも道義的代理人か
第9章 株主と投資家―搾取者か、潜在的犠牲者か
第10章 サプライヤー―敵か味方か
第11章 競争相手―ジャングルの掟(弱肉強食)を無効にする
第12章 地域社会―社会資本を増強する
第13章 節義あるビジネス・リーダーシップ―道義的資本主義をめざして
[付録]  経済人コー円卓会議[企業の行動指針]

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.