公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

検索
詳細検索


書籍・手帳トップ > 詳細検索 > 検索結果 > 情報詳細

情報詳細


白書09表紙.jpg
画像をクリックすると拡大表示されます。



タイトル 生産性白書2009年版
著作者 日本生産性本部
コード ISBN978-4-903085-23-4
カテゴリー 企画調査報告書
書籍カテゴリー 書籍,書籍/生産性,書籍/統計・データ
発行年月 2009/11/11
価格(税込) 2,571円   (本体価格 2,381円)
在庫状況 在庫在り
体 裁 A4
ページ 95
概 要 本報告書は、昨年10月に発表した「生産性白書2008年版」に続く2009年版になります。
生産性の視点から日本経済の現状と課題について、データをまじえながら幅広く掲載した白書。各種データを用いた労働生産性の動向分析のほか、上場企業を対象としたアンケート調査結果、生産性をめぐる日本の課題について収録しています。企業経営や政策立案の羅針盤としてお役立てください。


【内容に関するお問合せ先】 
 財団法人 日本生産性本部 総合企画部 生産性総合研究センター
 担当:木内・柿岡     
 TEL.03−3409−1137  

税込価格2500円
送料   290円

 
参考URL
添付ファイル
目 次 【提言】
 1:産業構造転換に向けた民間部門を主体とした「成長ビジョン」の提示
 2:成長分野への生産転換による大企業のイノベーション促進
 3:中小企業から大企業への成長モデルづくりにアウトソーシングの活用
 4:内外需のバランスのとれた成長にむけたサービス産業の生産性向上


【第1部】 生産性からみた日本の課題
 1. 世界同時不況下の成長政策 (学習院大学 宮川 努)
    1)はじめに
    2)世界同時不況と日本経済
    3)産業構造の転換とサービス産業の生産性向上
    4)企業成長政策を考える
    5)まとめ〜日本的な成長戦略にむけて

 2. 合併による企業の生産性向上と資本市場の機能回復 
    (学習院大学 細野 薫 / 東洋大学 滝澤 美帆)

    1)金融危機後の資本市場の動向
    2)合併による経営資源の再分配
    3)製造業は関係会社間、異業種合併で生産性が向上
    4)調整・取引コストの低減が合併メリットの鍵
    5)資本市場の機能回復に向けて

 * グローバル化が生産性に及ぼす影響 (内閣府 大臣官房統計委員会 乾 友彦)

【第2部】 労働生産性の動向
 3. 日本の労働生産性の動向
    1)2008年度における日本の労働生産性
    2)産業別にみた日本の労働生産性

 4. 上場企業の労働生産性の動向
    1)東証一部上場企業の全体像
    2)産業別にみた上場企業の労働生産性
    3)製造業における主な企業の労働生産性
    4)サービス産業における主な企業の労働生産性
    5)各種経営指標と労働生産性の関係性

 5. 企業の「生産性」に関するアンケート調査
    1)2008年度の業況と取り組み
    2)生産性の伸びと要因
    3)最近3年間の取り組み成果と今後の課題
    4)望ましい政策的支援

【資料編】

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.